彩来会

彩来会概要

彩来会とは

彩来会は、平成8年6月に埼玉県南部地域の中小企業を中心に結成された異業種交流会です。
会員数は、設立時48社で現在は62社の企業が参加しています。
会員は全国的な大手会社や一人で営んでいる方まで様々ですが、会員は年齢・性別・役職に関係なく全員同格という規則で、和気藹々とした雰囲気の中で交流しています。
この異業種交流会は損保ジャパン日本興亜の後援のもと、全国44の地区に会があり約2000社が加盟していますが、彩来会もその内の一つの会です。

彩来会の特徴は

①一業種一社で構成する
②より良い人間関係を構築し、人的ネットワークの拡大を計る
③ギブアンドギブン(ワンテイクアンドスリーギブ)の精神を基本としている

他の会と大きく異なる点

①ビジネスを第一の目的としています
②経費は出来るだけかけない(年5万円位)
③運営は会員による自主運営で行っています

交流定例会は、毎月第二木曜日の午後6時から2時間行い、その後懇親会を開いています。
定例会では自社のPR、新商品の紹介、各業界の情報提供、経営上の悩み事解決等を発表同業者がいないため気軽に話し合える場となっています。

現在、設立から12年になりますが、5周年、10周年の節目に、大宮駅西口の鐘塚公園で 地域貢献の目的で、会員全員で手作りのイベントを開催したところ、それぞれ一万人余りの観客がありました。

彩来会(サイクルカイ)の名前は、「ビジネスは循環するもの」という意味からついています。